ごあいさつ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
当社は、焼酎甲類メーカーとして昭和8年に創業を開始し平成25年10月に満80歳を迎えております。

 北海道の自然で長い時を超えて来た札幌山系の伏流水を使用しております「サッポロソフト」は、ピュアな酒質で飲み飽きしない甲類焼酎と自画自賛するものでございます。北海道外のお客様にも、是非一度このピュアな味わいをご賞味いただきたいと願っております。最近の焼酎ブームを支えている本格焼酎の中でも、芋焼酎は大きな反響となって広がり、商品は品薄気味で中には1本数万円もする「プレミア焼酎」が出現するまでの盛り上がりをみせています。当社も焼酎メーカーとしてのプライドを賭け、本格焼酎分野へ積極的に進出いたします。食料基地としての北海道ブランドは全国的にも安心・安全な食品として高い評価を受けており、この土地から育まれる農水産品を原料とした乙類焼酎の開発に取り組んでおります。生産者の顔が見える原料を使い、安心できる商品の開発を進めているところです。

 北海道厚沢部町にて試験栽培から始めた、さつま芋(コガネセンガン)については、育種・育苗、植栽から収穫までのすべてを一貫して行っております。2006年10月には生産拠点として黄金千貫の生産地、北海道厚沢部町に新工場が完成しました。北海道でとれたさつま芋より醸した焼酎「喜多里」を是非お楽しみ下さい。「喜多里」の名前の由来は、北の大地の恵みが大きな喜びをもたらし、農山漁村が豊かになる北海道であってほしいとの願いから生まれたものです。喜多(=北)里なのです。現在は、厚沢部町産メークイン(ジャガ芋)焼酎「喜多里」、北海道産昆布焼酎「喜多里」の3種類が発売中ですが、北海道産原料にこだわり続ける素材別「喜多里」ブランドを確立していきたいと思っています。

 創業100周年に向け、北海道における「甲類焼酎ナンバーワン」「本格焼酎オンリーワン」を目標としてこれからも社員一丸となって邁進して参ります。お得意先様ならびに消費者の皆様には今後とも当社製品へのご愛顧を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

札幌酒精工業株式会社
代表取締役社長 荒川 康実


会社概要

札幌本社・札幌工場写真

社 名 札幌酒精工業株式会社
創 立 昭和8年10月27日
代表者 荒川 康実
所在地
本社及び札幌工場
〒063-0830 札幌市西区発寒10条1丁目1番1号
TEL:(011)661-1211(代) FAX:(011)663-6383
函館営業所
〒040-0073 函館市五稜郭町35番1号ホーム企画ビル3F
TEL:(0138)84-5762 FAX:(0138)84-5763
厚沢部工場
〒043-1238 檜山郡厚沢部町字鶉383番地
TEL:(0139)65-2500 FAX:(0139)65-2100
社員数 約60名

厚沢部工場のご案内

厚沢部工場外観写真

厚沢部工場は、本格焼酎「喜多里」を生産する専用施設として2006年10月に完成しました。
厚沢部町で試験栽培からスタートし、安定した収穫が見込めるようになった黄金千貫などの原料を鮮度の良いまま搬入。厚沢部町の豊かな森からもたらされる良質な水を使用し醸造される本格焼酎「喜多里」を北海道各地へ送り出しています。

本格焼酎「喜多里」ができるまでを、目で見て感じる【工場見学】しませんか?


工場見学をご希望の方は、見学希望日の前日までにお電話にてお申し込みください。
見学可能
日  時
月曜日〜金曜日(祝祭日は除く)
午前9時〜午後4時まで
受付人数 1名〜30名まで
所要時間 約30分
所在地 〒043-1238
檜山郡厚沢部町字鶉383番地
アクセス 函館バス鶉神社前停留所から
徒歩約5分

[お問合せ・お申込み] 札幌酒精工業株式会社 厚沢部工場:TEL(0139)65-2500

本格焼酎喜多里ができるまで